太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー・可視光応答型光触媒技術・そして地盤調査 解析 保証サービスで全国のハウスメーカー様 工務店様に貢献いたします。

高性能AED

61_ext_06_0.jpg
62_ext_06_0.gif

AEDとは?

AED(AutomatedExternal Defibrillator)は、突然心停止を起こした患者の心臓に電気ショックを与えて心臓を正常に蘇生させる医療機器です。
AEDは操作方法を音声と文字で案内するので、一般の市民でも簡単に使うことができます。
最近では、一般市民がAEDを使って人の命を救った事例もだんだん増えてきています。
日本では2004年の7月から医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろん、空港、駅、スポーツジム、学校、公共施設、企業など、人の多く集まる場所を中心に設置されています。

CPRとは?

64_ext_03_0_S.jpg
心臓麻痺が起きると心臓の拍動と呼吸、そして全身に運ばれる血液の供給が中断されるので、心臓麻痺の状態が続くと死亡します。心肺蘇生は人工的に呼吸と血液循環を維持することにより、心臓麻痺が起きた人の命を救う方法です。

心室細動とは
心室細動とは心室の筋肉が局所的に不規則な収縮運動をする病的な状態をいい、心臓から血液を円滑に送り出すことができないために死に至る致命的な疾患です。心臓が適切に収縮できなくなって血圧が急激に低くなり、脈拍が促進されません。治療しなければ大部分死亡することになり、普通心臓麻痺と呼ばれます。心室細動の治療は、AEDによる電気ショックが唯一の方法です。

日本の突然死は年間8万人と推定されており、約半分以上が心臓病による突然死で毎日100人以上死亡します。心臓突然死の大部分は、心室細動が原因です。
64_ext_03_1_S.gif
突然心停止の患者発生時,最も重要なことは時間です。
蘇生の可能性は1分ことに7~10%ずつ減少します。
日本では救急車の平均到着時間は6分であり、6分での蘇生率は40%です。
1分1秒でも早く除細動を使用することが効果的です。

救命の鎖

65_ext_06_0.gif
a.119に通報 突然心停止を目撃した人は、すばやく119に電話をかけて助けを求めます。
b.胸部圧迫 / 人工呼吸 119に連絡した後、直ちに心肺蘇生を始めます。
c.電気ショック除細動 突然心停止の多くは心室細動という恐ろしい不整脈によって起きます。心室細動の治療には電気ショックが唯一の方法なので、心肺蘇生と共に電気ショックを最大限早く施行するようにします。
d.病院に運送 突然心停止を治療するには、心肺蘇生だけではなく薬物投与などの専門治療を早い時間内に受けるようにします。

心肺蘇生の流れ

66_ext_06_0.gif
67_ext_06_0.gif

アイパッドNF1200の特徴としては・・・

68_ext_03_0_S.gif
リファレンスガイド機能がついているため、
救命工程がひと目でわかります。

電源をONにすれば音声によるガイダンスが始まるため、
講習を受けたことのない人でも使うことができます。

AEDだけでなく心肺蘇生に関しても、手順や心臓マッサージのタイミングなども音声によって性格にコーチングしてくれます。

また、AEDを使うべきかどうかの判断も、指示に従って電極パッドをつければ、機械が自動的に判別してくれます。

そのため、心臓の動きが回復したのに電気ショックを与え続けてしまうということがありません。

機械の判断に従って電気ショックを与える場合は本体のショックボタンを押すだけなので、誰でも簡単に使えます。

また、小型で軽量なので、少し離れた現場からでもすぐに持って駆けつけることができます。
69_ext_06_0.gif

AEDレンタル導入価格比較例

S社 月額5,145円~
A社 月額5,600円~
アイパッドNF1200 月額4,180円~
(30台以上の場合月額3,150円~)
また、価格が安いなら値段を下げるのではなく、他社と同程度の価格でより高機能なものをとお考えの方には心電図波形表示される高機能モデルCU-ER1もご用意しています。
71_ext_03_0_S.jpg
こちらも他社価格よりも安価で、より機能が向上したモデルです。
 ・液晶画面つきで心電図波形が表示される
 ・救急車に接続し、救急車内で心電図データをそのまま利用できる
などの機能を兼ね備え、より救命率を高めることができます。
どのようなものをお求めか、お客様のご要望に合わせて最適なものをご提案いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら

一秒を争う心臓救急救命

突然の心肺停止、誰がまわりにいるかわからない状況で「誰でも使えるAED」というのは非常に重要です。
緊急の状況で冷静な判断が難しい中、「音声でゆっくりと手順を教えてくれる」というのは大きな助けになります。
そんなAEDが世の中に少しでも多く設置されれば、多くの命を救うことができます。
毎日100人以上が亡くなる心臓病による突然死。その大部分は心室細動が原因です。

もし、AEDがあれば救えた命がたくさんありました。

それは「過去」の話だけでなく、「これから」も同様です。
弊社では少しでも多くの場所にAEDが普及されることを願い、利益よりも普及を優先した低価格での提供をしております。
設置場所のアドバイスやアフターサポートなど、正しく使っていただくためのサポートもさせていただいています。

あなたに救える命があります。

このことを心にとどめ、一人でも多くの方に協力いただき一つでも多くのAEDの普及に協力し、一人でも多くの方の命を救う助けになれることを何よりも望んでおります。
エナライン株式会社
代表取締役 仲世古 英樹

AED設置場所検索:http://www.qqzaidan.jp/AED/aed.htm